Yahoo! BB ADSL サービス ルーター機能の設定方法

ポート転送の設定方法(トリオモデム12M)

ポート転送設定は、インターネットを利用したアプリケーション(特定のオンラインゲームやメッセンジャー等)を利用する場合のみ必要となる設定であり、必ずしも設定が必要な項目ではありません。
設定するポート番号については、利用するアプリケーションの接続ガイド(取扱説明書)等をご確認のうえ、モデムのセットアップ画面より設定を行ってください。なお、ポート転送設定を行う際は、IPアドレス固定設定(IPアドレス/DHCPサーバ設定)もあわせて行う必要があります。

  1. 1. モデムのセットアップメニューを開きます。

    セットアップメニューの表示方法についてはこちらをご確認ください。

  2. 2. メニューから「詳細設定モード」をクリックします。

  3. 3. 左側に表示されたメニューから「ポート転送」をクリックします。

  4. 4. 各項目を入力します。

    • (1)WAN側ポート番号:
    • 利用するアプリケーションの説明書等で指定されたポート番号
    • ※複数のポート番号を指定する場合は下の行(No2以降)を使用して設定します。
    • (2)プロトコル:
    • 利用するアプリケーションの説明書等で指定された項目を確認し、「TCP」あるいは「UDP」いずれかを設定
    • ※ 特に記載がない場合は「TCP/UDP」を選択します。
    • (3)転送先ポート番号:
    • 特に指定がない場合は任意の番号
    • (4)転送先IPアドレス:
    • ポート転送設定を行いたいパソコンまたはネットワーク機器が取得しているIPアドレス
    • (5)「追加」ボタン:
    • (1)〜(4)の入力完了後にクリック(設定内容が「追加」ボタン下の枠内に表示)
    •    「修正」ボタン:
    • 「修正」ボタン下の設定内容を選択のうえ、クリックすると設定内容を修正可能
    •    「削除」ボタン:
    • 「削除」ボタン下の設定内容を選択のうえ、クリックすると削除
    • ※追加や修正を行った場合であっても、この時点では変更および修正内容は保存されませんのでご注意ください。
    • (6)「OK」ボタン:
    • 各設定の入力終了後にクリック

  5. 5. 各項目の入力が完了したら、左側メニューの「設定保存」をクリックします。

  6. 6. 「保存」をクリックします。

    「設定内容を保存しました。」と保存完了のメッセージが表示されたら、左側のメニューから「再起動」をクリックします。

  7. 7.右側に表示された「再起動」をクリックします。

    モデムが再起動されるので、しばらくそのまま待ちます。再起動が終わると、設定は完了です。