ホワイトステーション

SSID1設定

WPS設定(簡単自動設定)

WPS機能とは、ホワイトステーションと無線LAN機器を簡単に接続するための機能です。
本項ではWPS機能の有効/無効設定および、設定方式の選択ができます。
※SSID2では、WPS機能はご利用いただけません。

【こんな場合にご利用ください】
・WPS機能を利用できないようにしたい。
・PINコード方式のWPS機能を利用したい。

[WPS設定(簡単自動設定)]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

設定が完了したら、[設定保存する]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

■1.WPS設定
WPS機能を有効/無効に設定できます。

■2.WPS設定方法
WPSでプッシュボタン方式か、PINコード方式のどちらを利用するか選択し、[WPS設定スタート]をクリックするとWPS設定開始できます。

■3.本機器のPINコード
ホワイトステーションのPINコードの編集/初期化ができます。

設定された内容を有効にするには、本機器の再起動が必要です。
[トップページへ戻る]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[再起動]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

以上で設定は完了です。

前のページに戻る

通信規格設定

利用する周波数帯(2.4/5GHz)、無線チャンネル、周波数帯域幅、通信規格(IEEE802.11a/b/g/n)が設定できます。
※ ここで行う設定は、SSID1/SSID2の両方に適用されます。

【こんな場合にご利用ください】
5GHz帯だけを利用したい。
・利用する無線チャンネルを変更したい(他の無線アクセスポイントからの電波干渉により通信が安定しない場合など)。
・利用できる通信規格(IEEE802.11a/b/g/n)を制限したい。

[通信規格設定] をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

設定したい項目を入力して、[設定保存する]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

■1.周波数帯
無線LAN接続で利用する周波数帯の設定ができます。

■2.無線チャンネル
無線チャンネルの設定ができます。

■3.周波数帯域幅
無線LAN通信で利用する周波数の幅を設定します。
20/40MHzを選択することで、利用する端末が対応していれば、より高速な通信ができます。

■4.無線LAN通信規格の設定
利用する無線LANの通信規格を設定します。

・周波数帯で2.4GHzを選択した場合
 IEEE802.11b/g/nから選択できます。

・周波数帯で5GHzを選択した場合
 IEEE802.11a/nから選択できます。

設定された内容を有効にするには、本機器の再起動が必要です。
[トップページへ戻る]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[再起動]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

以上で設定は完了です。

前のページに戻る

暗号化設定

無線LANによる通信では、通信内容を盗み見られないよう暗号化することが推奨されています。
本項では、SSIDや暗号化の種類、暗号キーの変更をすることができます。
※ SSID:ホワイトステーションの無線LANネットワークを区別するための名前。
※ ここで行う設定は、SSID1に適用されます。

【こんな場合にご利用ください】
・SSIDを変更したい。
・暗号キー(WEPキー)を変更したい。

[暗号化設定]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

設定したい項目を入力して、[設定保存する]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

■1.SSID
SSIDの設定ができます。

■2.暗号化方式
暗号化方式の設定ができます。

■3.WEPキー
WEPキーの設定ができます。

■4.暗号キー
暗号キーの設定ができます。

設定された内容を有効にするには、本機器の再起動が必要です。
[トップページへ戻る]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[再起動]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

以上で設定は完了です。

前のページに戻る

端末間通信設定

SSID1に接続している無線LAN機器同士の通信、または、有線LANで接続されている機器と、SSID1に接続している無線LAN機器間の通信を許可/禁止する設定ができます。

【こんな場合にご利用ください】
・複数の無線LAN接続しているパソコン間でファイル共有などデータのやり取りをできないようにしたい。
・有線LAN接続しているパソコンと、無線LAN接続しているパソコン間でファイル共有などデータのやり取りをできないようにしたい。

[端末間通信設定] をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[許可][禁止]のいずれかを選択して、[設定保存する]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

■1.SSID1-無線LAN機器間の通信
通信を許可/禁止する設定ができます。

■2.SSID1-有線⇔無線LAN機器間の通信
通信を許可/禁止する設定ができます。

設定された内容を有効にするには、本機器の再起動が必要です。
[トップページへ戻る]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[再起動]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

以上で設定は完了です。

前のページに戻る

SSIDステルス機能設定

SSIDステルス機能を有効にすると、無線LAN機器からホワイトステーションのSSIDが検出されないようになります。
本項では、SSIDのステルス機能の有効/無効設定ができます。
※ SSID:ホワイトステーションの無線LANネットワークを区別するための名前。
※ ここで行う設定は、SSID1に適用されます。
※ SSIDステルス機能を有効にするとWPS機能が利用できなくなります。

【こんな場合にご利用ください】
無線LAN機器からホワイトステーションのSSIDを見られないようにしたい。

[SSIDステルス機能設定]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

SSIDステルスの有効/無効を選択し、[設定保存する]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

設定された内容を有効にするには、本機器の再起動が必要です。
[トップページへ戻る]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[再起動]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

以上で設定は完了です。

前のページに戻る

MACアドレスフィルタリング設定

MACアドレスフィルタリングとはホワイトステーションに無線LAN機器のMACアドレスを登録し、登録された機器のみ無線LAN接続できるようにする機能です。 本項では、MACアドレスフィルタリング機能の設定ができます。
※ ここで行う設定は、SSID1/SSID2の両方に適用されます。

【こんな場合にご利用ください】
・無線LAN接続できる機器を特定の機器に制限したい。

[MACアドレスフィルタリング設定] をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

設定が完了したら、[設定保存する]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

■1.機能の切り替え
MACアドレスフィルタリングの有効/無効を設定します。

■2.接続を許可する端末のMACアドレス
接続を許可する端末のMACアドレスを入力し、プルダウンで「有効」を選択すると、入力したMACアドレスを持つ機器が無線LAN接続できるようになります。
MACアドレスフィルタリングが有効な状態で、MACアドレスを1つも設定しない場合はすべての機器から無線LAN接続できなくなりますのでご注意ください。

設定された内容を有効にするには、本機器の再起動が必要です。
[トップページへ戻る]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[再起動]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

以上で設定は完了です。

前のページに戻る

SSID2設定

有効/無効設定

ホワイトステーションでは、SSID1とSSID2の2つのSSIDが利用できます。

【こんな場合にご利用ください】
・メインで使うSSIDとは異なるSSIDを利用したい。

SSID1とSSID2の違いについて(クリックで表示)

[有効/無効設定]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

有効/無効いずれかを選択し、[設定保存する]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

設定された内容を有効にするには、本機器の再起動が必要です。
[トップページへ戻る]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[再起動]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

以上で設定は完了です。

前のページに戻る

暗号化設定

無線LANによる通信では、通信内容を盗み見られないよう暗号化することが推奨されています。
本項では、SSIDや暗号化の種類、暗号キーの変更をすることができます。
※ SSID:ホワイトステーションの無線LANネットワークを区別するための名前。
※ ここで行う設定は、SSID2に適用されます。

【こんな場合にご利用ください】
・SSIDを変更したい。
・暗号キー(WEPキー)を変更したい。

[暗号化設定] をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

設定したい項目を入力して、[設定保存する]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

■1.SSID
SSIDの設定ができます。

■2.暗号化方式
暗号化方式の設定ができます。

■3.WEPキー
WEPキーの設定ができます。

■4.暗号キー
暗号キーの設定ができます。

設定された内容を有効にするには、本機器の再起動が必要です。
[トップページへ戻る]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[再起動]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

以上で設定は完了です。

前のページに戻る

端末間通信設定

SSID2に接続している無線LAN機器同士の通信、または、有線LANで接続されている機器と、SSID2に接続している無線LAN機器間の通信を許可/禁止する設定ができます。

【こんな場合にご利用ください】
・複数の無線LAN接続しているパソコン間でファイル共有などデータのやり取りをできないようにしたい。
・有線LAN接続しているパソコンと、無線LAN接続しているパソコン間でファイル共有などデータのやり取りをできないようにしたい。

[端末間通信設定] をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[許可][禁止]のいずれかを選択して、[設定保存する]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

■1.SSID2-無線LAN機器間の通信
通信を許可/禁止する設定ができます。

■2.SSID2-有線⇔無線LAN機器間の通信
通信を許可/禁止する設定ができます。

設定された内容を有効にするには、本機器の再起動が必要です。
[トップページへ戻る]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[再起動]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

以上で設定は完了です。

前のページに戻る

SSIDステルス機能設定

SSIDステルス機能を有効にすると、無線LAN機器からホワイトステーションのSSIDが検出されないようになります。
本項では、SSID2のステルス機能の有効/無効設定ができます。
※ SSID:ホワイトステーションの無線LANネットワークを区別するための名前。

【こんな場合にご利用ください】
・無線LAN機器からホワイトステーションのSSIDを見れないようにしたい。

[SSIDステルス機能設定]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

SSIDステルスの有効/無効を選択し、[設定保存する]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

設定された内容を有効にするには、本機器の再起動が必要です。
[トップページへ戻る]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[再起動]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

以上で設定は完了です。

前のページに戻る

SSID間通信設定

SSID2とSSID1に接続している無線LAN機器同士の通信を許可/禁止する設定ができます。

[SSID間通信設定]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[許可][禁止]のいずれかを選択して、[設定保存する]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

設定された内容を有効にするには、本機器の再起動が必要です。
[トップページへ戻る]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[再起動]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

以上で設定は完了です。

前のページに戻る

SSID1・2共通設定

無線LAN機能停止設定

無線LAN機能の有効/無効設定ができます。
※ ここで行う設定は、SSID1/SSID2の両方に適用されます。

【こんな場合にご利用ください】
・無線LAN接続を利用できないようにしたい。

[無線LAN機能停止設定]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

有効/無効いずれかを選択し、[設定保存する]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

設定された内容を有効にするには、本機器の再起動が必要です。
[トップページへ戻る]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

[再起動]をクリックします。


※ 画像クリックで拡大

以上で設定は完了です。

前のページに戻る