詳細設定モード

セキュリティ

パケットフィルタ設定

パケットフィルタ設定を行うと、IPv6パケットをIPアドレス、ポート番号などの条件に応じて許可または拒否(フィルタリング)できます。
また、光BBユニットには透過するパケットをチェックすることで、異常なパケットを破棄するSPI機能もあります。

本項では、パケットフィルタに関する設定と、無通信時にSPI機能を維持する時間(SPIタイムアウト)の設定ができます。

【こんな場合にご利用ください】

  • IPv6パケットを条件に応じて許可/拒否したい。
  • 無通信時にSPI機能を維持する時間を変更したい。

STEP

パケットフィルタ設定]をクリックします。

[パケットフィルタ設定]をクリックします

STEP

「セキュリティレベル」、「NGNネットワークフィルタ」を設定し、[OK]をクリックします。

「セキュリティレベル」、「NGNネットワークフィルタ」を設定し、[OK]をクリックします

セキュリティレベル
光BBユニットを透過するIPv6パケットの制御を高中低の3段階で設定できます。

NGNネットワークフィルタ
NTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ網(NGNネットワーク)内での通信を許可/拒否設定できます。

高度な設定についてはこちら

STEP

「SPIタイムアウト設定(IPv4-v6共通)」の右側の[編集]をクリックします。

「SPIタイムアウト設定(IPv4-v6共通)」の右側の[編集]をクリックします

STEP

「TCPタイムアウト」、「UDPタイムアウト」の秒数を入力し、[設定を保存する]をクリックします。

「TCPタイムアウト」、「UDPタイムアウト」の秒数を入力し、[設定を保存する]をクリックします。

STEP

「フィルタエントリー設定(IPv6)」の右側の[編集]をクリックします。

「フィルタエントリー設定(IPv6)」の右側の[編集]をクリックします

STEP

追加]をクリックします。

[追加]をクリックします。

STEP

フィルタリングの条件を入力し、[設定を保存する]をクリックします。

フィルタリングの条件を入力し、[設定を保存する]をクリックします
  1. フィルタ有効/無効
    設定したフィルタリング条件の有効/無効を選択します。
  2. ルールNo.
    ルールNo.を入力します。矛盾する内容のフィルタリング条件が他にある場合、ルールNo.が小さい方が優先されます。
  3. 種別
    設定したフィルタリング条件に一致したパケットをの通信を、許可するのか、それとも拒否するのか選択します。
  4. 送信元IPv6アドレス
    フィルタリング条件として、送信元IPv6アドレスを指定します。すべての送信元IPv6アドレスをフィルタリング対象とする場合は「ANY」を選択します。特定のIPv6アドレスを指定する場合は「IPv6アドレス指定」を選択し、IPv6アドレスを入力してください。
  5. 宛先IPv6アドレス
    フィルタリング条件として、宛先IPv6アドレスを指定します。すべての宛先IPv6アドレスをフィルタリング対象とする場合は「ANY」を選択します。特定のIPv6アドレスを指定する場合は「IPv6アドレス指定」を選択し、IPv6アドレスを入力してください。
  6. プロトコル
    フィルタリング条件として、プロトコルを指定します。すべてのプロトコルをフィルタリング対象とする場合は「ANY」を選択します。「TCP」、「UDP」いずれかを対象とする場合は、該当する方を選択します。
  7. 送信元ポート番号
    フィルタリング条件として、送信元ポート番号を指定します。すべての送信元ポート番号をフィルタリング対象とする場合は「ANY」を選択します。特定の送信元ポート番号を指定する場合は「ポート番号指定」を選択し、ポート番号を入力してください。
  8. 宛先ポート番号
    フィルタリング条件として、宛先ポート番号を指定します。すべての宛先ポート番号をフィルタリング対象とする場合は「ANY」を選択します。特定の宛先ポート番号を指定する場合は「ポート番号指定」を選択し、ポート番号を入力してください。
  9. 通信方向
    フィルタリング条件として、通信方向を指定します。インターネット(WAN)から光BBユニットに接続している機器(LAN)への通信をフィルタリング対象とする場合は「WAN→LAN」、その逆であれば「LAN→WAN」、両方向であれば「両方向」を選択します。

STEP

入力した値が反映されます。[OK]をクリックします。

入力した値が反映されます

STEP

再起動]をクリックします。

[再起動]をクリックします

以上で完了です。

電話機能の設定

BBフォン市外局番設定

お住まいの地域の市外局番を設定することで、同一市外局番の相手先へ発信時に、市外局番のダイヤルを省略できます。

STEP

BBフォン市外局番設定]をクリックします。

[BBフォン市外局番設定]をクリックします

STEP

お住まいの地域の市外局番を入力し、[OK]をクリックします。

お住まいの地域の市外局番を入力し、[OK]をクリックします

STEP

再起動]をクリックします。

[再起動]をクリックします

以上で完了です。

情報

設定情報一覧

現在の設定内容が確認できます。

STEP

設定情報一覧]をクリックします。

[設定情報一覧]をクリックします

設定情報一覧が表示されます。

以上で完了です。

DHCPv4クライアント一覧

IPv4のDHCPクライアント一覧が確認できます。

STEP

DHCPv4クライアント一覧]をクリックします。

[DHCPv4クライアント一覧]をクリックします

IPv4のDHCPクライアント一覧が表示されます。

以上で完了です。

DHCPv6クライアント一覧

IPv6のDHCPクライアント一覧が確認できます。

STEP

DHCPv6クライアント一覧]をクリックします。

[DHCPv6クライアント一覧]をクリックします

IPv6のDHCPクライアント一覧が表示されます。

以上で完了です。

システムログ

システムログが確認できます。

STEP

システムログ]をクリックします。

[システムログ]をクリックします

システムログが表示されます。

以上で完了です。

ログインパスワード

ログインパスワードを変更します。初期値は「user」です。

STEP

ログインパスワード]をクリックします。

[ログインパスワード]をクリックします

STEP

「現在のパスワード」、「新しいパスワード」、「新しいパスワードの 確認」を入力し、[OK]をクリックします。

「現在のパスワード」、「新しいパスワード」、「新しいパスワードの
									確認」を入力し、[OK]をクリックします

STEP

再起動]をクリックします。

[再起動]をクリックします

以上で完了です。

無線LAN機能の停止

無線LAN機能の有効/無効設定ができます。

ここで行う設定は、SSID1/SSID2の両方に適用されます。

【こんな場合にご利用ください】

  • 無線LAN接続を利用できないようにしたい。

STEP

無線LAN機能の停止]をクリックします。

[無線LAN機能の停止]をクリックします

STEP

[有効]または[無効]を選択し、[OK]をクリックします。

[有効]または[無効]を選択し、[OK]をクリックします

STEP

再起動]をクリックします。

[再起動]をクリックします

以上で完了です。

初期化

光BBユニットの設定を、工場出荷状態に戻します。

STEP

初期化]をクリックします。

[初期化]をクリックします

STEP

内容を確認し[実行]をクリックします。

内容を確認し[実行]をクリックします

STEP

再起動中の画面が表示されます。
初期化完了後はトップページに戻ります。

再起動中の画面が表示されます

以上で完了です。