光BBユニット(E-WMTA2.3)

セットアップメニューの表示

STEP

詳細設定は光BBユニットの[セットアップメニュー]から行います。
まずは[ http://172.16.255.254/] にアクセスして[セットアップメニュー]画面を表示してください。その後、必要な項目の設定を行います。

http://172.16.255.254/にアクセス

セットアップメニューにアクセスできない場合

光BBユニットと[無線LAN]接続している機器からセットアップメニューを表示する場合、SSID1の暗号化方式が[WPA2/WPA PSK:AES]である必要があります。
それ以外の設定でご利用の場合は[有線LAN]接続のパソコンから表示してください。

STEP

ログインIDとパスワードを入力して[OK]をクリックします。
【初期設定】ログインID:user、パスワード:user

ログインIDとパスワードを入力

STEP

セットアップメニューが表示されます。以下、設定したい項目をご確認ください。

お申し込みのサービス、オプションサービスにより表示される設定項目が異なります。

セットアップメニューが表示されます
かんたん設定
無線LANでかんたんにつなぐ 簡単に無線LAN接続できる設定ウィザードです。
無線LANのセキュリティを強化する SSID、暗号化方式、暗号キーなど無線LAN接続のセキュリティ設定ができます。
くわしい設定(上級者向け)
無線LANの設定 SSID1設定 WPS設定(簡単自動設定) WPS機能を利用した無線LAN接続設定ができます。
通信規格設定 利用する周波数帯(2.4/5GHz)、通信規格(IEEE802.11ac/n/a/g/b)などが設定できます。
暗号化設定 SSID、暗号化方式、暗号キーの設定ができます。
端末間通信設定 無線LAN接続している機器間の通信の許可/禁止設定と、無線LAN接続している機器と有線LAN接続している機器間の通信の許可/禁止設定ができます。
SSIDステルス設定 無線LAN機器からSSIDを検出できないように設定できます。
MACアドレスフィルタリング設定 光BBユニットにMACアドレスを登録した機器のみ、無線LAN接続できるように設定できます。
SSID2設定 有効/無効設定 SSID2(2つめの無線LANネットワーク)の有効/無効を設定できます。
暗号化設定 SSID、暗号化方式、暗号キーの設定ができます。
SSIDステルス設定 無線LAN機器からSSIDを検出できないように設定できます。
SSID1・2共通設定 無線LAN機能停止設定 無線LAN機能の有効/無効設定ができます。
IPv6の設定 IPv6設定 IPv6による通信の有効/無効設定ができます。
ルーター機能の設定 IPアドレス/DHCPサーバの設定 IPアドレスの固定割当や、割当IPアドレス範囲の設定ができます。
ポート転送設定 特定のポート番号宛の通信を、特定の端末(IPアドレス)に転送する設定ができます。
オンラインゲームなどの利用時に必要になる場合があります。
UPnP設定 UPnPの有効/無効設定ができます。
DMZ設定 DMZ機能の設定ができます。
パケットフィルタ設定 IPv6パケットのフィルタリング設定、無通信時にSPI機能を維持する時間の設定ができます。
PPPoE機能の設定 セッション2設定 PPPoEセッションの追加設定ができます。
セッション3設定 PPPoEセッションの追加設定ができます。
PPPoEパススルー PPPoEパススルーの設定ができます。
接続情報 セッション1、セッション2、セッション3の現在の接続情報を確認できます。
電話機能の設定 BBフォン市外局番設定 お住まいの地域の市外局番を設定することで、同一市外局番の相手先へ発信時に、市外局番のダイヤルを省略できます。
光電話(N)/ひかり電話設定 光電話(N)/ひかり電話に関する、音声優先モード、メディア変更要求の許可/拒否設定ができます。
光電話(N)/ひかり電話内線設定 光電話(N)/の内線設定ができます。
くわしい設定(上級者向け)
無線LANの設定
SSID1設定 WPS設定(簡単自動設定) WPS機能を利用した無線LAN接続設定ができます。
通信規格設定 利用する周波数帯(2.4/5GHz)、通信規格(IEEE802.11ac/n/a/g/b)などが設定できます。
暗号化設定 SSID、暗号化方式、暗号キーの設定ができます。
端末間通信設定 無線LAN接続している機器間の通信の許可/禁止設定と、無線LAN接続している機器と有線LAN接続している機器間の通信の許可/禁止設定ができます。
SSIDステルス設定 無線LAN機器からSSIDを検出できないように設定できます。
MACアドレスフィルタリング設定 光BBユニットにMACアドレスを登録した機器のみ、無線LAN接続できるように設定できます。
SSID2設定 有効/無効設定 SSID2(2つめの無線LANネットワーク)の有効/無効を設定できます。
暗号化設定 SSID、暗号化方式、暗号キーの設定ができます。
SSIDステルス設定 無線LAN機器からSSIDを検出できないように設定できます。
SSID1・2共通設定 無線LAN機能停止設定 無線LAN機能の有効/無効設定ができます。
IPv6の設定
IPv6設定 IPv6による通信の有効/無効設定ができます。
ルーター機能の設定
IPアドレス/DHCPサーバの設定 IPアドレスの固定割当や、割当IPアドレス範囲の設定ができます。
ポート転送設定 特定のポート番号宛の通信を、特定の端末(IPアドレス)に転送する設定ができます。
オンラインゲームなどの利用時に必要になる場合があります。
UPnP設定 UPnPの有効/無効設定ができます。
DMZ設定 DMZ機能の設定ができます。
パケットフィルタ設定 IPv6パケットのフィルタリング設定、無通信時にSPI機能を維持する時間の設定ができます。
PPPoE機能の設定
セッション2設定 PPPoEセッションの追加設定ができます。
セッション3設定 PPPoEセッションの追加設定ができます。
PPPoEパススルー PPPoEパススルーの設定ができます。
接続情報 セッション1、セッション2、セッション3の現在の接続情報を確認できます。
電話機能の設定
BBフォン市外局番設定 お住まいの地域の市外局番を設定することで、同一市外局番の相手先へ発信時に、市外局番のダイヤルを省略できます。
光電話(N)/ひかり電話設定 光電話(N)/ひかり電話に関する、音声優先モード、メディア変更要求の許可/拒否設定ができます。
光電話(N)/ひかり電話内線設定 光電話(N)/の内線設定ができます。

SSID1とSSID2の違いについて

光BBユニット(E-WMTA2.3)では、SSID1とSSID2の2つのSSID(2.4GHzと5GHz帯の周波数帯別設定と合わせて合計4つ)が利用できます。
SSID1とSSID2は仕様や設定できる項目が異なります。詳しくは下記表をご確認ください。

  SSID 暗号化方式 暗号キー/WEPキー SSIDステルス MACアドレスフィルタリング 有線LANとの通信 無線LAN機器間の通信
SSID1 2.4GHz帯 個別に設定可 個別に設定可 共通設定 共通設定 共通設定 SSID1を利用している機器間のみ可
5GHz帯 個別に設定可 個別に設定可
SSID2 2.4GHz帯 個別に設定可 個別に設定可 共通設定 共通設定 不可 不可
5GHz帯 個別に設定可 個別に設定可
SSID
SSID1
2.4GHz帯 5GHz帯
個別に設定可 個別に設定可
SSID2
2.4GHz帯 5GHz帯
個別に設定可 個別に設定可
暗号化方式
SSID1
2.4GHz帯 5GHz帯
個別に設定可 個別に設定可
SSID2
2.4GHz帯 5GHz帯
個別に設定可 個別に設定可
暗号キー/WEPキー
SSID1
共通設定
SSID2
共通設定
SSIDステルス
SSID1
共通設定
SSID2
共通設定
MACアドレスフィルタリング
共通設定
有線LANとの通信
SSID1
SSID2
不可
無線LAN機器間の通信
SSID1
SSID1を利用している機器間のみ可
SSID2
不可

暗号化方式の違いなど、セキュリティレベルの異なる機器を無線LANで接続する場合、セキュリティレベルの低い無線LAN機器を「SSID2」に接続してご利用ください。
例)「WPA2/WPA(PSK: AES)」が利用できる機器はSSID1に接続、古いゲーム機など「WEP」しか利用できない機器はSSID2に接続する。

設定情報の確認
設定/接続情報 現在の設定内容が確認できます。
DHCPクライアント一覧 DHCPクライアント一覧が確認できます。
ひかり電話発着信履歴 ひかり電話/光電話(N)の発着信履歴が確認できます。
システムログ システムログが確認できます。
その他
設定初期化 光BBユニットの設定を、出荷時の状態に初期化できます。
ログインパスワード変更 ログインパスワードを変更できます。
再起動 光BBユニットを再起動できます。