IPv6 IPoE + IPv4(IPv6高速ハイブリッド)

IPv6パケットフィルタ設定の変更

IPv6 IPoE + IPv4(IPv6高速ハイブリッド)接続方式を利用する場合、ひかり電話ルーター/ホームゲートウェイ(N)の機種によっては、IPv6パケットフィルタ設定の変更が必要です。
設定を行わない場合、BBフォンの通話や、光BBユニットのソフトウェア更新などの一部通信機能が正常に利用できない可能性があります。
※ 市販のルーターでIPv6パケットフィルタ設定を行なっている場合は設定を解除してください。IPv6パケットフィルタ機能解除方法につきましてはご利用中のルーターのメーカーにお問い合わせください。

機器名称: ひかり電話ルーター/ホームゲートウェイ(N)と光BBユニット

ひかり電話ルーター/ホームゲートウェイ(N)

側面にNTTロゴがある機器です。
本ページの設定変更はこちらの機器に対して行います。
光BBユニット

弊社よりお送りしている機器です。
本体側面に、SoftBankロゴがあります。

※機器の画像は一例です。形状、色はお申込み時期や、ご利用のサービスなどにより異なります。

  1. STEP1 機器の型番確認

    IPv6パケットフィルタ設定の変更が必要な機器の型番は下記のとおりです。

    対象の型番 型番の確認方法
    PR-500KI、PR-500MI
    RT-500KI、RT-500MI

    RV-440NE、RV-440KI、RV-440MI

    PR-400NE、PR-400KI、PR-400MI
    RT-400NE、RT-400KI、RT-400MI

    RV-A340NE、RV-A340SE

    PR-A300NE、PR-A300SE
    RT-A300NE、RT-A300SE

    RV-S340NE、RV-S340SE、RV-S340HI

    PR-S300NE、PR-S300SE、PR-S300HI
    RT-S300NE、RT-S300SE、RT-S300HI
    型番は機器の前面下部または、側面ラベルで確認できます。

    ※ 「GE-ONU」や「GV-ONU」という記載は型番ではありません。
  2. STEP2 機器とパソコンをLANケーブルで接続

    機器のLANポート(LAN1〜LAN4と記載されているポートのいずれか)とパソコンをLANケーブルで接続します。
    光BBユニットとパソコンがLANケーブルで接続されている場合は配線を変更します。



  3. STEP3 機器のWeb設定ページにアクセス

    1. Internet Explorerのアドレス欄に「http://ntt.setup/」と入力

    2. ログイン画面でユーザ名、パスワードを入力してログイン
    初回アクセス時は、パスワードを設定する画面が表示されます。2回目以降は下記ユーザ名、パスワードを入力します。

    ユーザ名: user
    パスワード: 初回アクセス時に設定したパスワード


    ※ 「Web 設定」の画面デザインは変更になることがあります。
    説明に使用している画面表示は、お使いのWeb ブラウザやお使いのOS によって異なる場合があります。

  4. STEP4 IPv6パケットフィルタ設定を変更

    変更方法は、機器の型番の末尾のアルファベットにより異なります。
    例: 型番が「RV-440NE」の場合は「NE」の変更方法を確認

    型番の末尾の
    アルファベット
    設定変更方法
    NE 変更方法 (0.63MB)
    SE 変更方法 (1.42MB)
    KI 変更方法 (1.37MB)
    MI 変更方法 (1.47MB)
    HI 変更方法 (1.37MB)
  5. STEP5 STEP2で変更した配線を元に戻す

    STEP2で配線を変更している場合は元に戻します。

以上で、IPv6パケットフィルタ設定の変更は完了です。