接続設定

以下のサービス、機器をご利用のお客様の接続設定方法です。

お申し込みのフレッツ回線 ひかり電話のご利用 ひかり電話の利用機器
フレッツ 光ネクスト/フレッツ 光ライト あり 光BBユニット(ひかり電話機能をお申し込みの場合)

その他サービスをご利用のお客様は、以下ページをご覧ください。
Yahoo! BB 光 with フレッツ/フレッツコース接続設定方法

NTT東日本/西日本提供のひかり電話対応機器(NTT東日本:ひかり電話ルータ、NTT西日本:ホームゲートウェイ、以下NTT提供のひかり電話対応機器)の種類により配線方法が異なりますので、ご利用の機器の認証機器名を選択してください。

PR‐xxxx

機器名: PR-200NE、PR-400KI、PR-400MI、PR-400NE、PR-A300NE、PR-A300SE、PR-S300HI、PR-S300NE、
PR-S300SE、PR-500KI、PR-500MIなど

ホーム(戸建住宅)をご利用の場合

UNIポートを利用した配線に変更が必要です。
UNIポートを利用する場合、または利用を中止する場合には、必ずNTT東日本/西日本にご連絡ください。
※ 既にNTT東日本/西日本に連絡済みの場合は連絡不要です。

NTT東日本/NTT西日本 お問い合わせ窓口
0120-116116
受付時間:午前9時〜午後5時
土曜・日曜・祝日も営業(年末年始12/29〜1/3を除きます)

■配線方法
インターネット(有線接続)を利用するため、NTT機器、光BBユニットを接続します。
接続の際はすべての機器の電源を切ってから始めてください。

【配線図】 ひかり電話対応ルータ一体型をご利用の場合の配線
  1. ひかり電話対応ルータ一体型の「UNI」と記載されているフタを横にスライドさせて外します。
  2. 内側のポートに接続されているケーブルを抜きます。
  3. 光BBユニットの[インターネット回線ポート]とひかり電話対応ルータ一体型の[UNIポート]をLANケーブル※で接続します。

    ※ 光BBユニット同梱のコネクタが「灰色」のケーブルを利用してください。

  4. [電話機]ポートとお使いの電話機(またはFAX機)をモジュラーケーブル※で接続します。
    ※ 光BBユニット同梱のコネクタが「緑色」のケーブルを利用してください。
  5. [パソコン1]から[パソコン4]ポートのいずれかとパソコンのLANアダプタをLANケーブル※で接続します。

    ※ 光BBユニット同梱のコネクタが「青色」のケーブルを利用してください。

    光BBユニットにパソコンや周辺機器を複数台接続する場合も、同様の方法で接続してください。

  6. NTT提供機器と光BBユニットの電源を入れ、光BBユニットの[電源]ポートとコンセントを電源アダプタ※を使用して接続します。
    ※ 光BBユニット同梱の電源アダプタを利用してください。
  7. 光BBユニットの自動設定(5分程度)が終了した後(光BBユニットの[インターネット回線]ランプが緑色に点灯後)、パソコンの電源を入れてください。

以上で設定は完了です。
接続完了後、光BBユニットのランプを確認してください。

光BBユニットのランプ確認方法(クリックで表示)

マンション(集合住宅)をご利用の場合

「ひかり電話機能」を利用するためには、NTT提供のひかり電話対応機器の交換が必要になりますが、有償での交換対応になります。
恐れ入りますが、下記2パターンのどちらで利用するか選択してください。
※ ひかり電話:NTT東日本/西日本提供の電話サービス。利用にはひかり電話対応機器が必要。
※ ひかり電話機能:「ひかり電話」サービスを、NTT提供のひかり電話対応機器を利用することなく、ソフトバンク提供のひかり電話対応機器(光BBユニット)で利用できるようにするためのオプションサービス。

1. NTT提供のひかり電話対応機器を交換し、「ひかり電話機能」を利用する

NTT東日本/西日本にご連絡いただき、ソフトバンク提供機器でひかり電話を利用するため、NTT提供のひかり電話対応機器が不要である旨お伝えください。
※ 既にNTT東日本/西日本に連絡済みの場合は連絡不要です。

NTT東日本/NTT西日本 お問い合わせ窓口
0120-116116
受付時間:午前9時〜午後5時
土曜・日曜・祝日も営業(年末年始12/29〜1/3を除きます)
利用サービス 接続機器交換費用
・NTT東日本
フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ

・NTT西日本
フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼
フレッツ 光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼
2,000円
※ 機器交換作業は工事業者がご自宅に伺って実施いたします。
上記以外のサービス 2,000円
※ 機器交換作業はお客様自身で実施いただきます。
2. 「ひかり電話機能」を解約し、「ひかり電話」として利用する

WEBまたは、お電話にて「ひかり電話機能」の解約を行ってください。
ひかり電話機能のお手続き(利用停止のお申し込み)
お問い合わせ窓口

RT‐xxxx

機器名: RT-200KI、RT-200NE、RT-400KI、RT-400MI、RT-400NE、RT-A300NE、RT-A300SE、RT-S300HI、
RT-S300NE、RT-S300SE、RT-500KI、RT-500MIなど

不要になるNTT提供のひかり電話対応機器の返却が必要です。NTT東日本/西日本にご連絡いただき、ソフトバンク提供機器でひかり電話を利用するため、NTT提供のひかり電話対応機器が不要である旨お伝えください。
※ 既にNTT東日本/西日本に連絡済みの場合は連絡不要です。

NTT東日本/NTT西日本 お問い合わせ窓口
0120-116116
受付時間:午前9時〜午後5時
土曜・日曜・祝日も営業(年末年始12/29〜1/3を除きます)

■配線方法
インターネット(有線接続)を利用するため、NTT機器、光BBユニットを接続します。
接続の際はすべての機器の電源を切ってから始めてください。

【配線図】 ひかり電話対応ルータ一体型以外をご利用の場合の配線図
  1. 光BBユニットの[インターネット回線ポート]とNTT提供の機器、またはLAN用のモジュラージャックをLANケーブル※で接続します。

    ※ 光BBユニット同梱のコネクタが「灰色」のケーブルを利用してください。

  2. [電話機]ポートとお使いの電話機(またはFAX機)をモジュラーケーブル※で接続します。
    ※ 光BBユニット同梱のコネクタが「緑色」のケーブルを利用してください。
  3. [パソコン1]から[パソコン4]ポートのいずれかとパソコンのLANアダプタをLANケーブル※で接続します。

    ※ 光BBユニット同梱のコネクタが「青色」のケーブルを利用してください。
    光BBユニットにパソコンや周辺機器を複数台接続する場合も、同様の方法で接続してください。

  4. NTT提供機器と光BBユニットの電源を入れ、光BBユニットの[電源]ポートとコンセントを電源アダプタ※を使用して接続します。
    ※ 光BBユニット同梱の電源アダプタを利用してください。
  5. 光BBユニットの自動設定(5分程度)が終了した後(光BBユニットの[インターネット回線]ランプが緑色に点灯後)、パソコンの電源を入れてください。

以上で設定は完了です。
接続完了後、光BBユニットのランプを確認してください。

光BBユニットのランプ確認方法(クリックで表示)

RS‐500xx

機器名: RS-500MI、RS-500KIなど

「ひかり電話機能」を利用するためには、NTT提供のひかり電話対応機器の交換が必要になりますが、有償での交換対応になります。
恐れ入りますが、下記2パターンのどちらで利用するか選択してください。
※ ひかり電話:NTT東日本提供の電話サービス。利用にはひかり電話対応機器が必要。
※ ひかり電話機能:「ひかり電話」サービスを、NTT提供のひかり電話対応機器を利用することなく、ソフトバンク提供のひかり電話対応機器(光BBユニット)で利用できるようにするためのオプションサービス。

1. NTT提供のひかり電話対応機器を交換し、「ひかり電話機能」を利用する

NTT東日本にご連絡いただき、ソフトバンク提供機器でひかり電話を利用するため、NTT提供のひかり電話対応機器が不要である旨お伝えください。
※ 既にNTT東日本に連絡済みの場合は連絡不要です。

NTT東日本 お問い合わせ窓口
0120-116116
受付時間:午前9時〜午後5時
土曜・日曜・祝日も営業(年末年始12/29〜1/3を除きます)
利用サービス 接続機器交換費用
・NTT東日本
フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ
2,000円
※ 機器交換作業は工事業者がご自宅に伺って実施いたします。
上記以外のサービス 2,000円
※ 機器交換作業はお客様自身で実施いただきます。
2. 「ひかり電話機能」を解約し、「ひかり電話」として利用する

WEBまたは、お電話にて「ひかり電話機能」の解約を行ってください。
ひかり電話機能のお手続き(利用停止のお申し込み)
お問い合わせ窓口

RV‐xxxx

機器名: RV-230NE、RV-230SE、RV-440KI、RV-440MI、RV-440NE、RV-A340NE、RV-A340SE、RV-S340HI、RV-S340NE、RV-S340SEなど

「ひかり電話機能」を利用するためには、NTT提供のひかり電話対応機器の交換が必要になります(無償交換)。
NTT東日本/西日本にご連絡いただき、ソフトバンク提供機器でひかり電話を利用する旨お伝えください。
※ 既にNTT東日本/西日本に連絡済みの場合は連絡不要です。

NTT東日本/NTT西日本 お問い合わせ窓口
0120-116116
受付時間:午前9時〜午後5時
土曜・日曜・祝日も営業(年末年始12/29〜1/3を除きます)

上記以外(NTT提供のひかり電話対応機器を利用せず、ONUまたはVDSL装置のみがある場合)

機器名:GV-ONU、GE-ONU、VH-50III、VH-100VR-N、VH-100「2」E「S」、VH-100「3」E「S」、
VH-100「4」E「S」など

■ONUをご利用の場合の配線方法
インターネット(有線接続)を利用するため、NTT機器、光BBユニットを接続します。
接続の際はすべての機器の電源を切ってから始めてください。

【配線図】
ONUをご利用の場合の配線
  1. ONUの[LINE]ポートに光回線を接続します。
    ※ 通常はNTT東日本/西日本の設置担当者が実施します。ご利用のサービスによっては、お客様自身で設置する場合がございます。
  2. ONUの[UNI]ポートと光BBユニットの[インターネット回線]ポートをLANケーブル※で接続します。
    ※ 光BBユニット同梱のコネクタが「灰色」のケーブルを利用してください。
  3. 光BBユニットの[パソコン1~4]のいずれかのポートとパソコンの[LAN]ポートをLANケーブル※で接続します。
    ※ 光BBユニット同梱のコネクタが「青色」のケーブルを利用してください。
  4. 光BBユニットの[電話機]ポートと、電話機をモジュラーケーブルで接続します。
  5. ONU、光BBユニットの順で電源アダプターを接続します。
  6. 光BBユニットの「電源」ランプと「インターネット回線」ランプの点灯を確認し、パソコンの電源を入れインターネットに接続できることを確認します。

以上で設定は完了です。
接続完了後、光BBユニットのランプを確認してください。

光BBユニットのランプ確認方法(クリックで表示)

■VDSLモデムをご利用の場合の配線方法
インターネット(有線接続)を利用するため、NTT機器、光BBユニットを接続します。
接続の際はすべての機器の電源を切ってから始めてください。

【配線図】 VDSLモデムをご利用の場合の配線
  1. モジュラージャックとVDSL装置の[LINE]ポートをモジュラーケーブルで接続します。
    ※ 通常はNTT東日本/西日本の設置担当者が実施します。ご利用のサービスによっては、お客様自身で設置する場合がございます。
  2. VDSL装置の[LAN]ポートと光BBユニットの[インターネット回線]ポートをLANケーブル※で接続します。
    ※ 光BBユニット同梱のコネクタが「灰色」のケーブルを利用してください。
  3. 光BBユニットの[パソコン1~4]のいずれかのポートとパソコンの[LAN]ポートをLANケーブル※で接続します。
    ※ 光BBユニット同梱のコネクタが「青色」のケーブルを利用してください。
  4. 光BBユニットの[電話機]ポートと、電話機をモジュラーケーブルで接続します。
  5. VDSL装置、光BBユニットの順で電源アダプターを接続します。
  6. 光BBユニットの「電源」ランプと「インターネット回線」ランプの点灯を確認し、パソコンの電源を入れインターネットに接続できることを確認します。

以上で設定は完了です。
接続完了後、光BBユニットのランプを確認してください。

光BBユニットのランプ確認方法(クリックで表示)