開通工事の流れ

このページではSoftBank光の立会い工事が必要な場合について案内します。
お申込み状況については My SoftBankでご確認ください。

工事の前に確認すること

  • 工事の際は立会いをお願いします。
  • 家具の位置変更や穴あけを行う可能性があるため、事前に判断ができる方の承諾を得てください。
  • 接続機器設置場所付近に家具等がある場合は移動しておいてください。
  • 電源タップの確保をお願いします。
  • 接続機器を置く場所(光コンセントを設置する場所)を決めておいてください。

    ※設置場所はご希望に添えない場合があります。

  • 他社光コラボレーションサービスをご利用中のお客様はSoftBank光開通前にご利用中回線の解約が必要です。
  • 戸建
  • 集合住宅
setup
setup
setup
setup

STEP

光ファイバーケーブル(以下光ケーブル)を家の中へ引き込みます

NTT作業員が実施

  1. 光ケーブルを電柱から設置先住所まで引き込みます。

    引き込みの際には、配線固定のため外壁に引き止め金具などを取り付ける場合があります。

  2. 光ケーブルを室内へ引き込みます。

    光ケーブルは、通常は電話用の配管を利用して部屋まで引き込みます。配管に空きがないときは、エアコンダクト(エアコン用の通気口)を利用したり、壁に穴を開けて引き込む場合もあります。

  3. A : 電話線などの既存配管を利用

    B : エアコンダクトを利用

    C : 新規穴あけ(A・Bが利用できないケース)

    ※賃貸物件の場合は、管理会社の許可が必要になります。
    ※穴の直径は1㎝程度です。

    ※賃貸物件の場合は、管理会社の許可が必要になります。
    ※穴の直径は1㎝程度です。

  4. 光コンセントを設置します。

    光ケーブルを室内へ引き込む際、「光コンセント」を壁に設置します(設置先住所の状況に合わせた作業を行います)。

STEP

光コンセントとNTT機器を接続します

NTT作業員が実施

  1. 光コンセントとNTT機器を接続します。

    光ケーブルを通じて送られてきた光信号は、NTT機器に接続して電気信号へ変換し、そこからパソコンやルーターへ信号が送られます。
    設置先住所の状況に合わせて最適な機器を弊社で選択し、設置させていただきます。

  2. 光コンセントの例

    一体型タイプ

    分離型タイプ

    光コンセントの例

    一体型タイプ

    分離型タイプ

  3. 光信号を確認します。

    NTT機器の設置が終わったら、工事担当者が持参したパソコンを使って接続試験を実施します。

STEP

お手元の機器を接続します

お客様が実施

  1. NTT機器/光BBユニット、パソコン、電話機を接続します。

    接続方法に関しては機器同梱のガイドに沿って実施してください。
    「スマホで確認!らくらく配線ツール」はこちら

    ソフトバンク光テレビをお申し込みの方は、テレビ設置工事について別途テレビ設置業者からのご案内をご確認ください。

  2. パソコンの設定を行います(光BBユニットを申し込んでいる方は設定不要です)。

    SoftBank 光開通前にお送りする「インターネットご利用開始のご案内」をご確認いただき、パソコンの接続・設定を行います。

「Yahoo! JAPAN ID/パスワード」を確認する方法はこちら

こんな場合は工事予定日当日に工事ができない可能性があります。

こんな場合は工事予定日当日に
工事ができない可能性があります。

  • マンション等の集合住宅に設置する際、必要な設備が無い場合
  • 管理会社の立会いが必要な場合(※MDFの解錠など)
  • 光ファイバーケーブルの引き込みに際して、配管の新設が必要な場合
  • 隣人宅の敷地での作業が発生し、事前許可が必要となる場合
  • 電柱のない地域において、地下配線をするために時間がかかる場合
  • 県営住宅などのため、役所へ「模様替え申請」が必要となる場合
  • 電柱の新設が必要な場合

※マンション等の集合住宅に設置されている電話端子盤

サービス内容および提供条件は、改善等のため予告なく変更する場合があります。

記載されている会社名、製品名およびサービス名は、各社の登録商標および商標です。