ユーザー認証設定(PPPoE)をする
(Windows 11)

手動でパソコンにPPPoEの設定をする場合の設定手順をご案内します。

本設定には、[ご利用開始のご案内]に記載されている[認証ID(ユーザー名)]と[認証パスワード]が必要です。

STEP

スタートボタンスタートボタン アイコン )を右クリックします。

ユーザー認証設定(PPPoE)をする(Windows 11)操作説明画像1

STEP

検索バーに[コントロールパネル]と入力します。

最も一致する検索結果に表示された[コントロールパネル]を選択します。

ユーザー認証設定(PPPoE)をする(Windows 11)操作説明画像2

STEP

[ネットワークの状態とタスクの表示]を選択します。

ユーザー認証設定(PPPoE)をする(Windows 11)操作説明画像3

STEP

[新しい接続またはネットワークのセットアップ]を選択します。

ユーザー認証設定(PPPoE)をする(Windows 11)操作説明画像4

STEP

[インターネットに接続します]を選択し、次へを選択します。

ユーザー認証設定(PPPoE)をする(Windows 11)操作説明画像5

STEP

[ブロードバンド(PPPoE)]を選択します。

ユーザー認証設定(PPPoE)をする(Windows 11)操作説明画像6

STEP

ユーザー認証設定(PPPoE)をする(Windows 11)操作説明画像7
  1. ユーザー名に認証IDを入力します。
    [ご利用開始のご案内]に記載されている、[認証ID(ユーザー名)]([@]以降まで全て)を入力してください。
  2. パスワードに認証パスワードを入力します。
    [ご利用開始のご案内]に記載されている、[認証パスワード]を入力してください。

    認証パスワードが不明な場合は下記FAQをご確認ください。インターネットに接続するための、認証ID(S-ID)、パスワードはどこで確認できますか?(FAQ)

  3. このパスワードを記憶するにチェックを入れると接続のたびにパスワードを入力する必要がなくなります。
  4. 接続名に接続先を区別するための任意の名前を入力してください。
  5. 他の人がこの接続を使うことを許可するにチェックを入れると1台のパソコンを複数のアカウントで利用する場合に、他のアカウントでもこの設定が有効になります。
    チェックを入れると、ログインしているユーザに管理者権限がない場合はユーザー アカウント制御が表示されます。管理者アカウントのパスワードを入力し、[はい(Y)]を選択します。

以上で完了です。

インターネットに接続できない場合

パソコンの設定を確認する

下記の一覧の中から、お使いのOSを選択し、設定を確認してください。

Windows Mac
Windows 10 Mac OS X 10.7 以降
Windows 8/8.1 Mac OS X 10.6 以前
Windows7 Mac OS X 9.1 以降
Windows Vista
Windows XP

NTT機器の設定(IPv6パケットフィルタ設定)を確認する

ホームゲートウェイ(N)の機種によっては「IPv6パケットフィルタ設定」の変更が必要です。
設定変更はこちら