SoftBank 光で
Wi-Fiを設定する

無線でインターネットを利用するための設定をご案内します。

はじめに

配線・設定はおすみですか?

Wi-Fiでご利用される前に、機器の配線接続や設定が必要です。

機器を設定する

加入中のオプションサービスによって対応機器が異なります。

以下より選択してください。

Wi-Fiマルチパックをご利用の方

無線LANパックをご利用の方

!ご加入サービスが不明な場合はMySoftBankでご確認ください。

!市販のWi-Fiルーター利用の場合は
製品と同梱された取扱説明書をご確認の上、設定を行ってください。

Wi-Fiマルチパックをご利用の方

対応機器
光BBユニット

ご利用の機器を選択してください。

機器の下部ボタン形状で機種を確認できます。

  • E-WMTA 2.3
  • E-WMTA 2.2・2.1

接続方法には次の2つの方法があります。

方法1ネットワーク名(SSID)と暗号キー(PSK-AES)で接続する場合

端末設定時に光BBユニットを接続先として指定するために必要な情報です。初期設定値は光BBユニット側面のラベルに記載されています。

上記図はイメージです。実際の機器の形状、ラベルの記載内容はお客様により異なります。

端末設定へ進む

方法2WPS機能で接続する場合

対応端末と光BBユニットを、簡単に無線で接続するための機能です。

STEP

SSIDの周波数帯域に合わせ、光BBユニット前面の機能ボタンを長押しすると、Wi-Fiランプが点滅します。(以下表をご参照ください。)

項目 周波数帯域
5GHz
の場合
2.4GHz
の場合
「機能」
ボタン長押し
2秒
押す
5秒以上
押す
「Wi-Fi」
ランプ
ゆっくり
点滅
速い
点滅
  • ご利用の機器で2.4GHzと5GHzのSSIDが両方表示されている場合は、5GHz(xxxxxxxx-5G)の利用を推奨します。
  • 上記表はWPS機能で利用する周波数帯が初期設定(2.4GHz+5GHz)の場合の動作です。
STEP

Wi-Fiランプが点滅している間に無線LAN接続する機器を操作し、WPSを開始すると接続完了します。

接続方法には次の2つの方法があります。

方法1ネットワーク名(SSID)と暗号キー(PSK-AES)で接続する場合

端末設定時に光BBユニットを接続先として指定するために必要な情報です。初期設定値は光BBユニット側面のラベルに記載されています。

上記図はイメージです。実際の機器の形状、ラベルの記載内容はお客様により異なります。

端末設定へ進む

方法2WPS機能で接続する場合

対応端末と光BBユニットを、簡単に無線で接続するための機能です。

  • ご利用の無線LAN端末が、WPSに対応しているかどうかは、取扱説明書などをご確認ください。
  • 光BBユニットでは、「プッシュボタン方式」と「PINコード方式」が利用できます。本ページでは、「プッシュボタン方式」を利用する手順を説明します。
STEP

光BBユニットの「機能」ボタンを約1~2秒押し続けると、前面パネルの「無線LAN」ランプが点滅を始めます。

「機能」ボタンを5秒以上押すと、無線LAN機能が停止となりますのでご注意ください。なお、さらにもう一度5秒間押し続けると停止を解除できます。
STEP

無線LAN端末側のWPSボタンを押します。「無線LAN」ランプが点滅している間に、無線LAN端末側のWPS設定ボタンを押してください。点滅を始めてから2~3分後、光BBユニット前面パネルの[無線LAN]ランプが一度消灯し、緑色に変わります。

ご利用の無線LAN端末のWPS機能利用方法については、取扱説明書などをご確認ください。
STEP

以上で、「WPS機能を利用した無線LAN設定方法」は完了です。

無線LAN(N)をご利用の方

対応機種
光BBユニット
対応機種
  • PR-xxx
  • RT-xxx
  • RV-xxx
  • RS-xxx
機器のラベルに記載されている[認証機器名]に上記対象型番の記載があれば、その機器はホームゲートウェイ(N)です。

無線LANカードを準備する

機種により、別途無線LANカードが必要な場合があります。貼付のラベルで認証機器名をご確認ください。

必要
  • XX-500XX
  • XX-440XX
  • XX-400XX
  • XX-X300XX
不要 XX-A300XX
※Xの部分にはA-Zのアルファベットが入ります。

無線LANカードを挿入する

対応端末とホームゲートウェイ(N)を、簡単に接続するための機能です。

  • ランプ部分を前にしてホームゲートウェイ(N)上部にある拡張カードスロットへ挿します。
  • 奥までしっかりと挿れた後、ホームゲートウェイ(N)の電源を入れます。
  • カードのランプが2つ点灯すれば、準備は完了です。

接続方法には次の2つの方法があります。

方法1ネットワーク名(SSID)と暗号キー(PSK-AES)で接続する場合

端末設定時にホームゲートウェイ(N)を接続先として指定するために必要な情報です。初期設定値はホームゲートウェイ(N)側面のラベルに記載されています。

上記図はイメージです。実際の機器の形状、ラベルの記載内容はお客様により異なります。

端末設定へ進む

方法2WPS機能で接続する場合

対応端末とホームゲートウェイ(N)を、簡単に無線で接続するための機能です。

STEP

ホームゲートウェイ(N)背面の「らくらくスタートボタン」を1秒以上長押しすると、登録ランプが点滅します。

STEP

ホームゲートウェイ(N)の登録ランプが点滅している間に、再度「らくらくスタート」ボタンを1秒以上長押しして、登録ボタンが点灯したら離します。

STEP

接続完了です。登録ランプはオレンジ点灯後、緑色の点灯に変わります。


パソコンやスマートフォンでWi-Fiに接続する

端末を選択し、ステップに沿って設定を行ってください。

お問い合わせ

サポートセンターへお問い合わせいただける窓口をご案内します。